「犬猿の仲」を利用して、ニホンザルによる農作物被害を防ぐ取り組みが広がっている。農家の飼い犬を訓練し、猿を追い払わせる「モンキードッグ」の導入だ。深刻な悩みを愛犬は解決できるだろうか。【春増翔太】

【写真特集】したたか、箕面のおばあちゃんザル…メロンパン攻防は続く

 昨年11月中旬、山梨県は初めて、モンキードッグの研修会を開き、飼い主約30人と訓練中の犬10匹が参加した。県内の自治体や農協職員ら約50人が見守る中、飼い主に連れられた犬が山に入って30分。「キーキー」という鳴き声を残し、猿の群れが林の奥へ去っていった。県農業技術課によると、芋類やトウモロコシなど、猿に食い荒らされる被害は年間約7000万円。他の動物による被害が減る中、猿だけは横ばいが続く。人を怖がらず、電気の流れる柵も巧みに避ける。そうした知恵が猿にはあるようだ。

 トレーニングでは、犬に猿のにおいを覚えさせ、猿に気付いたらほえ、追いかけさせる。NPO法人「地域交流センター」(東京都)でインストラクターを務める長野県小諸市の獣医師、山下国広さん(56)によると、犬種は問わないが小型犬は向かない。「愛犬が猿を追い払ったら、思いっきり喜んでもらいます」。飼い主の協力も不可欠だ。同センターの米村洋一さん(66)は「猿は犬自体を嫌うのではなく、犬の攻撃的な行動を警戒するようだ」と話す。

 岩手県釜石市や三重県松阪市などもモンキードッグの訓練を始めた。全国で初めて予算化した長野県大町市は05年以降、毎年3〜4匹を訓練し、現在は19匹が市内各所の畑を守っている。ただし、今のところは劇的な効果をあげていない。「猿は犬のいる畑を避け、隣の畑を荒らす。すべての畑に犬を配置できない」(同市)からだ。攻撃されないと分かれば、猿は犬を怖がらなくなる。木の上で農作物を食べて挑発することもあるという。

 米村さんも「犬だけでは限界がある」と話す。猿は見張りを置くなど組織的に動く。「人と犬が地域全体のチームワークで対抗しないと」。人と犬、柵による対策を組み合わせるなど、猿との知恵比べはまだ続きそうだ。

【関連ニュース】
【写真特集】「銀色」の母から「金色」の赤ちゃん…など 猿も犬も満載、毎日動物園
【関連記事】「サル温泉」…一日限りだけれどリラックス
【関連記事】犬と猿の「協力」といえば…まんが日本昔ばなし「桃太郎」などが切手に
【写真特集】渡辺満里奈:メス上位のサルの生態を紹介 「我が家は同等です」

<脱税容疑>左官会社「フタ村」が4500万円 国税局告発(毎日新聞)
「函館朝市で宅配詐欺」浅田次郎さん誇張記述(読売新聞)
<お別れの会>田辺一鶴さん=2月9日、東京・亀戸で(毎日新聞)
直木賞 白石一文さん親子で受賞 父は8回目の候補で(毎日新聞)
自民党 青木氏が出馬表明 高齢批判に反論(毎日新聞)
[PR]
# by kfx0w2zq4u | 2010-01-20 22:47
 つきまとうなど執拗(しつよう)な客引きをしたとして、町田署などは、風営法違反(客引き行為)の現行犯で、町田市原町田の飲食店「Club ALLURE」店長、石田耕一容疑者(31)=神奈川県相模原市上鶴間本町=ら男3人を逮捕した。同署によると、石田容疑者は「営業を上げるために、自ら客引きをしていた」と話している。

 逮捕容疑は、12日午後9時5分ごろ、路上を歩いていた男性の前に立ちはだかり、「キャバクラいかがですか」「1時間4千円です」などと声をかけてつきまとい、客引きをしたなどとしている。同署によると、現場周辺には飲食店が集中し、多数の客引きがいることから、周辺住民から苦情が寄せられていた。

<自民党>外国人の選挙権は反対方針(毎日新聞)
【中医協】入基料の減算特例、奄美や小笠原諸島などに容認へ(医療介護CBニュース)
「覚せい剤打っていた」と逃走=女性死亡、ひき逃げ容疑で男逮捕−大阪府警(時事通信)
運転しながら陰部露出=海自隊員、公然わいせつ容疑−神奈川県警(時事通信)
FEALAC外相級会合、東京宣言採択し閉幕(産経新聞)
[PR]
# by kfx0w2zq4u | 2010-01-19 11:57